マリンライフのご提案

マリンライフのご提案

JEIS西日本が選ばれる5つの理由

  • 国家試験免除!
  • 50年の伝統受講者累計400万人以上!
  • 教員数81名女性講師も在籍
  • 教習・講習会場は約200ヶ所
  • 万が一不合格でも安心! 再受験料無料
マリンライフのご提案

ウエイクボード

3

ウェイク三昧!思いっきり ウェイクボードを楽しもう! さあ、ゲレンデへ!

まず、ウェイクボードに必要な用具は次の6つです。初めはレンタルで良いと思いますので、スクールが

初心者講座を開いていますので、ショップ等で相談しながら揃えていきましょう。

①板 ②ブーツ ③ビンディング ④季節に合わせたウェットスーツorドライスーツ ⑤ライフジャケット ⑥ウェイクハンドル&ライン

◆持っていくと便利なもの

①サンダル(船に乗るときやブーツの履き替えにあったほうが良いでしょう)

②タオル(水面から上がるときは必要です)

③ウィンドブレーカー等(船には何人かで乗りながら順番待ちをするのが一般的です。自分の順番が来るまで待っているときに水に濡れた後だと、船のスピードで風が冷たく感じるので、ウィンドブレーカー等を着ることをおすすめします)

④サングラス&帽子&日焼け止め(天気が良い時は必要です)

⑤防水パック(携帯や小物類等を入れておくと良いでしょう)

◆乗り方

ウェイクボードは必ず最低でも2人は必要です。当然ですが、船を操縦する人が必要です。いくつかの事を忠実に守れば、数回で立つことが出来ると思います。

まず、

①水面に浮かんでいるとき足を船側に向ける。

②船が進んだ後にすぐに立とうとしないで、板の裏面で水圧を感じるまで我慢します。そのとき足はM字開脚のようにします。ハンドルを持つ手は脇を閉めて船に向かって真っすぐに掴んでください。

③安定してきたらゆっくりと立ち、板の先端(ノーズ)を船に向けてください。このとき、ハンドルを持つ手は腰骨の辺りに固定し、下腹を突き出すようにすると体制が安定してカッコいいスタイルが保てます。

上記を是非試してみてください!

◆楽しみ方

ウェイクボードは船を操縦する人と滑る人の何人かで船に乗り込みます。

横のり系では、他の人が滑っているときは、他の人に迷惑にならないように声を掛け合いながらすべるのも盛り上がるかもしれません。

ショップによっては、休憩の合間にバーベキューをするところもあります。みんなで楽しく食べながら、うまくなるコツ等を話してワイワイ盛り上がり仲間との交流を深めるのもよいでしょう。

ウェイクボードは朝早くから夕方まで出来るスポーツです。
水面に夕日が映る夕暮れは、自分の滑っている水しぶき(スプレー)がとてもキレイで、何時までもそこに居たくなる様な感動を覚えます!!

さあ、まずは2級小型船舶操縦士免許を取りましょう!

 

マリンライフのご提案一覧へ

  • お申し込み方法
  • お問い合わせ
  • 申込書ダウンロード
  • 資料請求

受講生の声

マリンライフのご提案

最大30%安い!沖縄で免許を取得

とってもお得な冬期料金キャンペーン

ボート操船セミナー・水上バイク操船セミナー

マリン販売会社・マリーナ情報

キャックスのクレジットカードでお支払い可能です

ページ上部へ