マリンライフのご提案

マリンライフのご提案

JEIS西日本が選ばれる5つの理由

  • 国家試験免除!
  • 50年の伝統受講者累計400万人以上!
  • 教員数81名女性講師も在籍
  • 教習・講習会場は約200ヶ所
  • 万が一不合格でも安心! 再受験料無料
マリンライフのご提案

ヨット

5

風に乗り、波に憩う! ヨットならではの楽しさ! さあ、セーリングクルーズに海に出よう!

まず、ヨット (yacht) は、レジャー用船艇を広く意味する言葉で、その中でも特に次の2つを指します。

 

①大型(個人船としては)で豪華な遊行船。
②縦帆を使った小型の帆船(≒ sailing yacht, en:sailboat)。スポーツ用舟艇の性質が強く、レースにも使われます。英語では、単に yacht と言えば主に 1. を意味する。

英語では、単に yacht と言えば 「豪華な遊び船」という意味で、現在ではモーターボートであることが多いですが、歴史的には帆船も多かった。大きなものではジャグジーやヘリポートが付いていたりもする。(例: イギリスの王室ヨットHMYブリタニア(英語版))

英語では、帆走ヨット (sailling yacht)、あるいは単に帆船 (sailboat) と呼ぶことが多いです。ただし、これを使ったレースは yacht race と言います。個人で運用可能であるため、冒険心のある人物による単独での大洋の横断、無寄港での世界一周などが行われています。
ヨットでの航海やヨット競技のことをセーリングともいいます。これはヨットがセール(帆)を使って進むからです。
現在、ヨットと分類される船舶は非常に多岐にわたっています。乗員数も一人乗りから10人以上まで様々であり、設備もラダー(舵)、セール(帆)、キール(竜骨)しかないものからキャビン、発動機を完備したものまであります。発動機やキャビンのない小型のヨットを「ディンギー」、発動機やキャビンのある大型のヨットを「クルーザー」と呼び分けることがあります。

ヨットの種類は2通りあります。

ディンギー(主に1人〜2人乗り)とクルーザー(主に4人乗り以上)

あなたは何派?さあ、海へと向かう、贅沢な時間を楽しみましょう。

まずは2級小型船舶操縦士免許を取りましょう!

 

マリンライフのご提案一覧へ

  • お申し込み方法
  • お問い合わせ
  • 申込書ダウンロード
  • 資料請求

受講生の声

マリンライフのご提案

最大30%安い!沖縄で免許を取得

「早割り」始めました!30日前までのご予約でお得しましょう!

ボート操船セミナー・水上バイク操船セミナー

マリン販売会社・マリーナ情報

キャックスのクレジットカードでお支払い可能です

ページ上部へ